2006年09月17日

村上ユカ『角砂糖』

 前作から3年ぶりのサードアルバム。何度か制作が中断していたようなので、このままリセットかかっちゃうかと密かに心配していたり。いや出てよかった。閑話休題。
 今回最大の売りはバンドサウンド。らしい。え、ドラムがどかどか鳴ってギターがぎゅいんぎゅいん唸ったりするの?マジ?と勝手に思い込んでいた無知な私(爆)(←それはバンドじゃなくてロック) とりあえずそんなことにはなってなかったので安心。音は比較的軽くて、打ち込み曲とそれほど落差はないです。琴とかも入ってるし。
 とはいえ、私はやっぱり打ち込み曲の方が耳に残ります。サビで爽快に突き抜けるtrack5や、不思議系track9など。インストのtrack6も実は好きなんだけど。
 全体的に、ややファーストアルバム寄りに戻ったかな? ポップスのような童謡のような、変幻自在のメロディを軽やかにステップする声。お得意の和メロもあったり。プロデュースが複数人に渡るせいか、全体の統一性は薄いので、初めての人に「まずこれ」と勧めるアルバムではないかなあ。「今回、打ち込みじゃない曲もあるみたいだけどどうしよう」というファンには安心してお勧め。

ユカフェ (アーティスト公式、試聴可)
posted by 築城 at 22:35| ポップス

村上ユカ『アカリ』

ユカフェ (アーティスト公式、試聴可)

私がよく巡回する(=好みが近い)音楽のファンサイトでよく見る名前だったので、たまたまCDショップでアルバムを見つけたのを機にえいやっと購入。私的には、アルバムの中の1曲を上野洋子が手がけているというのが決め手だったんですが(笑)
あるサイトで「テクノな遊佐未森」と書かれていて謎だったんですが、聴いてみて納得。ほとんどシンセのみのアレンジ + クリスタルヴォイス。裏声の使い方なんかは遊佐未森に似てます、確かに。そして、ポップな曲調の中にも童謡やお祭り囃子のような「和のメロディ」がところどころ折り込まれていて、どこか懐かしいような不思議な世界をつくっています。つい口ずさんでしまうんだよなあ。あ、普通にポップスな曲もあるんですけどね。
このアルバムでは、やっぱ上野洋子ほとんどプロデュースともいわれるtrack6が好きですねー。ここだけ生楽器が多用されているのはそのせい。大正琴が入ってくるあたりは絶品。
posted by 築城 at 22:35| ポップス

村上ユカ『雲色のじょうろ』

セカンドシングル。デビューシングルに比べて、アレンジに少し凝りだした感じ。タイトル曲のアレンジ、好きだなあ。ヴォーカルの表現力もアップしています。Track3の、エスノ調に見せかけて和風な曲も面白し。

ユカフェ (アーティスト公式、試聴可)
posted by 築城 at 22:35| ポップス